掲示板

投稿は、MUSINにログインしてください。

MUSIKA-HAUS

2006年1月、『Phote West 2006』へ出展するため、渡米した折、
となりのブースにいた地元のNancyと休暇中に行った。
Oaklandにある『Yoshi’s』http://www.yoshis.com/ での出来事。
ここは米国ショービジネス界の登竜門。耳の肥えたブッキングのEdoに
私の曲『Getting Warm』https://soundcloud.com/jun-uemura/getting-warm
を聴かせた。
この曲は1987年に私が作曲し、1994年に染谷由紀子によって英作詞され、
のちに『Berklee College of Music』を卒業した『奥村真紀』によって
歌詞に手が加えられ、2000年に吹き込まれた。
Edoの評価は上から目線だが以外に高かった。
「歌と歌詞は置いといて、曲もアレンジもいい(Greats!)。好みだ」
「打ち込みではなく、生のバンドで聴いてみたい」
「タイトルの響きもいい」
「日本にもこんな曲書けるの、いたんだね」
この言葉に対し自分としてのリアクションは微妙だが、素直に喜んだことにした。
他の楽曲もインストではあるが評価は高かった。
評価は得た。あとは生で、そして完成された歌声で表現し、完成させることだ。
途中、仕事の代理店剝奪、東日本大震災があり、生活を軌道に乗せるまで大変だった。
あれから10年。少なくとも数百人が『MUSIKA-HAUS』を出入りした。
しかしながら、今だに完成をみない。誰か・・・曲を引っ提げ、
俺と一緒に渡米しよう!

2017/06/20(火) 11:17:37

コメントは、MUSINにログインしてください。

MUSIKA-HAUS

【MUSIKA-HAUS】では
オリジナル楽曲を歌ってくれる
ソロ女性ボーカルを募集しています。
募集要項は年齢16歳~20歳まで。
ご自分は太陽のようだと自画自賛できる方(笑)
初心者歓迎です。年末にDTM+(一部生音)音源のオケで
マルチレコーディングを実施(5曲を収録)
LIVEや配信を同時に手掛けます。
完全なオリジナルです。あなたの持ち歌として!
演出してみてください。
下記のサイトで音が聴けます。
☆ MUZIE:MUSIKA-HAUS(SONG-POP/ROCK SIDE)
http://www.muzie.ne.jp/artist/a037816/
☆ MUSIC TRACK:MUSIKA-HAUS(INST-FUSION SIDE)
http://musictrack.jp/user/14798
☆ audioleaf:MUSIKA-HAUS(PROMOTION SIDE)
http://www.audioleaf.com/filmseven/
☆ Sound Cloud
https://soundcloud.com/jun-uemura/getting-warm
びびっときたら
連絡ください。資料(音源・歌詞)を持って
面接させていただきます。よろしくお願いいたします。
面接場所は土日祭に錦糸町・北千住・南越谷の何れかにて
ご都合のつく方。

2017/06/10(土) 06:37:58

コメントは、MUSINにログインしてください。

MUSIKA-HAUS

「音楽教室からも著作権料」正式発表=JASRAC、文化庁に届け出の
報道に寄せて。 OFFICE ULTRA・MACHINE代表:上村 純

音楽教育の場にも著作権法を行使するのか?との意義で、
機関の友人と話をしました。
世界に出せないドメスティックな日本の音楽!
韓国に負けた日本のクリエイト!この四半世紀、
よくこの言葉を諸先輩並びに同僚から聞いてきましたし、
私もそれに対して異論はない。21世紀に入ると
楽器も弾いたことのない人が作曲家、編曲家?
絵心のない人が0と1で感化され、前衛アーティスト気取り?
今や手段ではないPCの使い方。アプリで操作されている人間とでも言うか・・・
現代の聴衆が今のクリエーターを生み、また、そのクリエーターが聴衆を生む
自転車操業のドメスティックジャパンが生まれた。
国内で通用すれば食えるクリエーターたち。食わしている聴衆。
それは置いといて。
友人(JASRAC)は言いました。
『ストリングのトップだけ生で強調してアッパーストラクチャーは
打ち込みなんだよね。プロモ側も言ってるけど、聴衆は
ストリングスの絡み(対位法的技法)の良さをわかっていないから
これでもビジネスになるしコスト削減できる・・・ってね。
残念だがこれが日本の音楽業界の現状なんです。だから、本当の意味において
現存するクリエーターやプレイヤーをも守らなくちゃいけない。
ちゃんと成果としてのお金が回るようにしなくちゃいけない。
将来日本の音楽がどうなっていくかわからないけど、
卵か鶏かの論争となるので、このくらいで・・・・』

彼は、毎日のように説明していたのだろう。かなり疲れていた。
彼曰く、『君のように音楽を提供している側には説明しやすいが
ほとんどが聴衆側なのでなかなか説明がむつかしくて・・・・
また、こうも言っていた。なぜ株式にしないのか?なぜ公益法人なのか?
一般の会社なら乗っ取られるし、それが海外だったら大変なことになる。
うちは、前線で日本の文化やクリエイター、オリジナルを守っている』
さすがに、光っていた(笑)冗談はさておき、もっと現代人は耳を開放して
ほしい。育ててほしい。
これを読みながら、バーバーの『弦楽のためのアダージョ』なんざ~
聴いててくれたら最高なんだけどね!ザッパでもいいよ!(笑)

2017/06/08(木) 18:48:09

コメントは、MUSINにログインしてください。

バンドメンバー募集中