OFFICE ULTRA・MACHINE

非常に腹立たしいので書きます。

仮名A。埼玉県在住 26歳独身。2月までキャバ嬢をやっていたが今は無職。
貯めたお金で切る詰め生活。早く音楽業界で仕事がしたいと嘆願。
オリジナルの楽曲を歌わせてほしいということで今月、バンドボーカルとして
うちにやってきました。面接直後の夜中に、突然以下のラインが入ってきました。
「夜分にすみません。今日、昔、音楽を一緒にやった人から連絡があって、
カラオケ行ってから居酒屋に行ったのです。すると、その人は
私を求めてきました。どうして真剣に音楽をやりたいのに、こんな人がいるのでしょうか?」
私は私なりに、彼女を励まし。その男と蹴散らしました。
また、その後、
「今月の家賃7万円が払えないとので貸してもらえませんか?」
無論、断りました。正直、この時点で心配でしたが・・・・
2回目の練習で会ったとき、以下の話が出ました。
現在、県内にて半同棲中
(二人で借りたアパートで、半分は互いの実家にて生活・ちなみに彼女の実家は3㎞の
ところ。彼の実家は7㎞のところ)
相手の男は3歳年上の29歳。5年間、妻子(2児)と別居中(相手は3人で沖縄へ)
相手の妻が離婚届に印鑑を付かないのは、この男が甲斐性もなく、
養育費や慰謝料の決定を止めているからだと。
私はそのことから起こりうる、法的な損害賠償や慰謝料の話をしてあげました。
18~9ならまだしも、26といえば立派な大人の女性です。どうしようもありません。
このような状態の人と一緒に音はできないと思い、うちから外すことを決定しました。
一人住まいで、本当にお金がないと思っており同情しておりました。親御さんとか
ご兄弟はと?聞いたりして。また、熱っぽいと言われた時も、治療費や薬代も
無いということだったので、薬か治療費もっていこうとも思いました。
今、考えると、何とかこの親父から音楽をやるということを盾に、金を引き出そうと
していたのかと思うと、空しいし、非常に残念である。